お金を貸してくれ!というフレーズは信用をガタ落ちさせる

いきなりで悪いんだけど、、お金を貸してくれないか?旧友のSから突然この言葉を受けた時は本当にショックでした。

ショックすぎて言葉も失ってしまいました。本当にこんな事を普通に言ってくるやつもいるんだと驚いてしまいました。

ただ同時に人を判断する最低の基準値を見つける事ができたのでよかったのかもしれないと今では思っています。

あなたは人から簡単に借金の申し出を出すことはできますか?私はできなかったんです。絶望的にお金を失った時に思ったのは貸して欲しい。
本当にただそれだけだった。

でもその一言がもつパワーも理解をしているつもりだった。言う時は人間関係の全てを終了させてしまう時だ。

まだ若くして借金があって自分で解決をしたい。

人には迷惑をかけたくないと思っていたから。当然の理念が脳裏に浮かんでよかった。

たださっき書いた通りSにはそんなことがなかったのだ。

プロセスとしてお金を借りるまでにすごく内面的な動きはあったかもしれないが、結果が全てなのだ。人を裏切ることは簡単に出来てしまう。

まるでその1秒単位の瞬間を捉えてしまった。過去の私を知っているだけに相談をしてきたのかもしれないが問題ある発言だ。

返済日記の中でも今後はSが登場してくるかもしれない。

1度やった人は2度目もあるからだ。

タバコと同じでやめたやめた言うてても人は変わったと思えるまでに最低でも5年ぐらいはかかるのだから。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ